危険なドッグフードを知ろう

いつも与えているドッグフードは安全ですか?

魚介系ドッグフード

魚介系のドッグフードとは、その名の通り魚や甲殻類、貝類を原材料に含むドッグフードの事です。
犬にとって一番必要となる栄養素は動物性タンパク質です。
牛肉や豚肉、鶏肉、ラム肉などの動物の肉をメインに使用しているドッグフードはかなり多いですが、一部に、魚介系をメインに使用しているドッグフードもあります。
魚介系からも動物性タンパク質がしっかり摂取することができ、具体的にはサーモンやカレイ、タラなどの魚が原材料となっています。

メリットは、高タンパク低カロリーで、とても消化が良く肥満予防の効果がある点です。
また、動物の肉に対してのアレルギーを持っている場合、この魚介系のドッグフードに切り替えることもあります。
栄養価も高く、ビタミンAやビタミンD、カルシウムやタウリン、そして、オメガ2脂肪酸が豊富に含まれるのもメリットの一つです。
デメリットは、動物の肉に比べると腹持ちが悪い点や嗜好性が少し落ち食べ付きが悪い点などが挙げられます。

オメガ3脂肪酸とは、構造の中で2つ以上の二重結合を持つ多価不飽和脂肪酸の一つで、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などの総称です。
この多価不飽和脂肪酸は、犬の体内で生成することができないため、食べ物から摂取する必要があります。
このDHAやEPAは青魚や白身魚に多く含まれていますので、魚介系のドッグフードを食べる事で、このオメガ3脂肪酸摂取することができます。

DHAは、皮膚にハリを持たせる効果や毛ヅヤを良くする効果、免疫機能向上、視力改善の効果があります。
また、脳にも良く、痴呆予防にも役立ちます。
EPAは、アレルギー体質の改善や血液の健康維持、炎症を抑えるような効果があります。
また、サーモンやエビやカニなどに含まれる赤い色素をアスタキサンチンと呼ばれています。
このアスタキサンチンには抗酸化作用があり、老化やガンなどの原因となる活性酸素の働きを抑える効果があります。
そして、関節の健康を維持してくれる効果のある緑イ貝と呼ばれる貝が含まれているドッグフードもあります。
このように魚介系のドッグフードには、動物の肉ではとれない栄養価がたっぷり含まれているのです。
愛犬が毎日食べる食事ですから、栄養価の高いドッグフードを選んであげたいですね。