危険なドッグフードを知ろう

いつも与えているドッグフードは安全ですか?

大麦入ドッグフード

の消化器官は、基本的に穀物の消化に向いていません。
特に、トウモロコシや小麦は難消化性で、胃腸に負担がかかりやく、アレルギーになりやすいという特徴があります。
さらに、トウモロコシや小麦などの穀物は、絞りかすのような質の悪いものがカサ増しとして使用されているため、栄養価も期待できません。
このような、難消化性のトウモロコシや小麦に比べ、大麦は消化吸収を助ける成分が含まれており消化しやすい特徴があります。
また、良質な大麦が使用されている場合、ミネラルやビタミン、カルシウムや食物繊維などの栄養も多く含まれています。
そして、同じ麦類の小麦に含まれるアレルギー原因物質であるグルテンが大麦には含まれていないので、アレルギー反応を起こしにくいという特徴も有しています。

大麦の食物繊維は水溶性と不溶性とのバランスが良く、整腸作用があるため、便秘に悩む犬にはおすすめです。
そして、ビタミン、ミネラル、カルシウムには骨格や筋肉の働きを助ける作用があるため、健康を維持することができます。

大麦入りドッグフードを与える際にも注意点があります。
いくら健康を維持できるといえ、食べさせすぎは良くないです。
多く摂りすぎると犬にとって胃腸に負担がかかってしまう原因となります。
犬に一番必要となるものは、動物性タンパク質です。
大麦が原材料のメインとなるドッグフードより、肉や魚などの動物性タンパク質が原材料のメインとなり、そこに大麦が含まれているというようなバランスの取れたドッグフードを選ぶようにしましょう。

また、大麦はトウモロコシや小麦に比べて、アレルギーの可能性は低いですが、穀物には変わりはないので、アレルギーが出てしまう場合があります。
他の穀物アレルギーを持っている犬に大麦を与える際は、少量から慎重に与えるようにしましょう。

そして、大麦もまた、トウモロコシや小麦同様、絞りかすなどの悪質な大麦が入っている場合があります。
必要な栄養が摂れず、胃腸に負担がかかります。
値段があまりにも安すぎるドッグフードの大麦は、悪質なものと考えて良いでしょう。
大麦なら何でも良いという事ではなく、良質で栄養価のある大麦が入っているドッグフードを選ぶことがとても重要です。
こちらではオーガニックドッグフードについて解説されています。
人間食でも話題のオーガニックとは、簡単に言うと化学農薬や化成肥料を使用せずに作られた食材のことです。 オーガニック食材が健康に良いのは人間だけでなく犬にも同じことが言えます。
かわいい愛犬の健康を考えてオーガニックフードを与えてみてはいかがですか。