危険なドッグフードを知ろう

いつも与えているドッグフードは安全ですか?

トウモロコシが主原料のドッグフード

トウモロコシが主原料のフードは、トウモロコシやトウモロコシの加工物を、一部に使ったものではなく、多くの割合を占めるフードになります。
ドッグフードのパッケージの原材料欄において、一番初めに表示されているものを「主原料」と呼び、トウモロコシが主原料のドッグフードは、原材料欄にトウモロコシやトウモロコシの加工物の名前が最初に記載されています。

トウモロコシを主原料としているフードの最大の特徴は、その安さです。
安価で入手可能なトウモロコシをカサ増しのために使用している背景があります。
このようなフードに使われているトウモロコシは、人間が食べるようなトウモロコシではありません。
人間が食べる所をとった後の、芯やひげ、葉などの部分や、飼料用として作られたトウモロコシが使用されているため、安く手に入り、安く売ることが出来るのです。
トウモロコシは基本的にトウモロコシの加工物として配合されます。
その代表的なものとして、トウモロコシ粉やコーングルテンミールがあります。
トウモロコシ粉は、トウモロコシを挽いた後に残る固くて細かい部分を集めたものです。
栄養価がある部分がほとんど含まれていない残りカスともいえます。

コーングルテンミールは、コーンスターチやコーンシロップの製造過程で、栄養価が含まれている部分が取り除かれた後の物を乾燥させた物です。
これもトウモロコシ粉同様、残りカスです。
人間が食べるような栄養価の高いトウモロコシが含まれているのであれば、タンパク質や炭水化物として栄養が摂ることができます。
しかしながら、残りカスのようなトウモロコシが、単なるカサ増しを目的として使用されているため、栄養価はほとんど期待できません。
栄養がほとんど摂れない上に、犬はトウモロコシのような穀物は消化しづらい体質だったり、胃腸に負担がかかったり、アレルギー反応を起しやすいなどメリットがほとんどないのが実態です。

良質なトウモロコシを使っていたとしても、お腹の調子が悪くなったり、アレルギーを引き起こしたりする犬もいます。
安くカサ増しで使われているトウモロコシを使ってできたドッグフードを食べ続けると、このような病気になるリスクはさらに高まります。
トウモロコシを主原料のドッグフードは極力避けた方が良いと言えるでしょう。
参考URL http://www.fieldproblems.com/eiyouwohouhu.html
上記サイトにも書かれていますが、犬にとって必要な成分は肉類に多く含まれているため、穀物メインのドッグフードよりもたんぱく質多めのフードを選びましょう。