危険なドッグフードを知ろう

いつも与えているドッグフードは安全ですか?

穀物不使用のドッグフードとは

穀物不使用のドッグフードとは、その名の通り、トウモロコシや米類、豆類、麦類などの穀物が使用されていないドッグフードのことです。
グルテンフリーやグレインフリーと呼ばれるドッグフードがそれに該当します。
グルテンフリーのドッグフードとは、穀物から生成されるタンパク質が使用されていないドッグフードで、グレインフリーのドッグフードとは、穀物類が完全に使用されていないことを指します。
どちらも穀物不使用には変わりありません。
最近では、このようなグルテンフリーやグレインフリーのドッグフードが増えてきています。

このような穀物不使用のドッグフードが増えてきている理由としては、穀物が犬にとって基本的に不要でありデメリットが多いことがあります。
もともと犬は、昔は完全な肉食であり、他の動物を狩って食べており、動物性のタンパク質を多く摂取し生活していました。
今現在は、肉食寄りの雑食に変化していますが、消化機能は基本的には変わっておらず、動物性タンパク質を多く必要とする動物です。
そのような名残から、犬にとって穀物は生活する上で不要な栄養素になります。
むしろ穀物は消化しづらく、多く摂取すると肥満の原因や、アレルギーを引き起こすなどデメリットが多いです。

このような犬の消化機能の特徴があるにも関わらず、多くのドッグフードに穀物が使われているのは、穀物が低コストであるためです。
穀物をカサ増しに使用することで安価なドッグフードを作ることができます。
裏を返せば、低品質なフードに穀物が使用される傾向にあります。

グルテンフリーやグレインフリーのドッグフードは、このようなカサ増し用の穀物を使っていない分、タンパク源のメインとなる肉類の含有量が多いです。
犬本来の食事としてふさわしい栄養バランスになっており、消化も良く、アレルギーの原因になりにくいという多くのメリットがあります。

穀物不使用のドッグフードは、原材料が肉類メインであるため、安価な穀物メインで作られたドッグフードよりも高価なものが多いです。
しかしながら、犬の健康維持のためにはメリットが多く、愛犬に元気で長生きして欲しいのであれば、穀物不使用のドッグフードを選ぶ方が良いでしょう。
穀物不使用かどうかの他にも、ドッグフードを選ぶうえで気を付けたいことがあります。
それは、添加物や着色料の有無についてです。
なぜ、ドッグフードに添加物や着色料が使われているのかはこちらのサイトをご覧いただければわかるかと思います。
参考URL http://shasinnyakuhinn.sakura.ne.jp/coloring-matter.html