危険なドッグフードを知ろう

いつも与えているドッグフードは安全ですか?

ドッグフードに使われる穀物の種類

ドッグフードには穀物が使用されているものがあります。
ドッグフードに使われている穀物の代表的なものとして、トウモロコシ類・麦類・米類・豆類・芋類などがあります。
これらの穀物には、栄養の含まれるものもありますが、単にカサ増しを目的とした悪質なフードもあります。
また、犬は肉食寄りの雑食であり、穀物の消化が苦手な動物です。
ここでは、ドッグフードに使用される穀物別の特徴や犬の消化器官への影響について紹介します。

トウモロコシ類は、コストが低く、最もドッグフードに使用されている穀物です。
コーンミールやコーンフラワー、トウモロコシ粉、コーングルテンミールなどの原材料もトウモロコシ由来のものになります。
基本的には人間の食用に作られるコーンスターチなどの残りカスなどを、カサ増し目的に使用する場合が多く、栄養価はほとんどありません。
さらに、トウモロコシは犬にとって消化が悪く、たくさん取ると内臓に負担がかかり、アレルギーの原因にもなります。

麦類は、小麦や大麦などがメインで、トウモロコシ同様、低コストでカサ増しに使用されます。
栄養はあり、犬にとってタンパク源ともなりますが、トウモロコシと同じく消化が悪い特徴があります。
アレルギーになる可能性もあるので、麦類が多く含まれているドッグフードは避けた方が良いでしょう。
麦類の中でも、大麦やオーツ麦は、小麦と比べると食物繊維やビタミン、ミネラルが含まれており、お腹に優しくアレルギーにもなりにくいです。

米類は、白米・玄米・うるち米などの様々な種類があります。
穀物の中では比較的消化がよく、トウモロコシや小麦などに比べると、アレルギーを起こしにくい穀物です。
しかし、米粉は、栄養価の低い米のカスが使用されている可能性があります。

豆類は、犬にとってのタンパク源となります。
動物性タンパク質の肉類、魚類よりも安価で、植物性タンパク質として摂取することができます。
また、大豆や、食用の油を絞った後にできる大豆ミールや豆乳を絞った後にできるおからが原材料となるものもあります。
豆類は、他の穀物に比べるとお腹が緩くなりやすい特徴があります。
豆類の中では、ひよこ豆やレンズ豆が比較的消化しやすく、豆の種類によって消化のしやすさが異なります。
どのような豆類が使用されているか注意する必要があります。

芋類は、主にじゃがいもやさつまいもになります。
タンパク質や炭水化物がとれ、食物繊維やビタミンなど栄養が豊富です。
穀物の中でもアレルギーを起こしにくいので、食物アレルギー対策のドッグフードにも使われている穀物です。
ただし、摂取しすぎるとお腹が緩くなる可能性があります。

このように、ドッグフードには穀物が使用されている場合があります。
穀物の種類によって、消化不良とアレルギーを起こしやすい穀物もあるので注意が必要です。
もともと犬は穀物の消化を苦手とする動物です。
穀物不使用のグレインフリーというドッグフードも発売されおり、このようなフードを与えるのも選択肢の一つです。
穀物が含まれるドッグフードであっても、原材料を確認し、どのような穀物が使用されているのか理解した上で、選択することをおすすめします。
穀物が使用されているかどうかの他にもドッグフードを買うときに気を付けてほしい点がいくつかあります。
そのひとつがドッグフードに記載されている賞味期限についてです。
いくつかの商品を見比べてみるとわかりますが、賞味期限の長さが1年以上となっている商品も多くあります。
賞味期限が長すぎるドッグフードには、大量の保存料や添加物が使用されているため、犬の健康に害を及ぼす可能性があります。
次にドッグフードに含まれている着色料や保存料についてです。
赤色〇号や青色〇号などと記載されているものには注意してください。