危険なドッグフードを知ろう

いつも与えているドッグフードは安全ですか?

ドッグフードのカロリーとその計算方法

犬のカロリー管理は健康を維持する上でとても重要です。
これは、人間でも言えることですが、過剰なカロリー摂取は肥満につながり、臓器に負担がかかり病気のもととなります。
逆にカロリー不足になると、痩せてきて体の機能が正常に働かなくなり病気になります。
健康に毎日を過ごすためには、その犬のライフスタイルに合った最適なカロリーを摂取する必要があります。
ドッグフードの平均的なカロリーは、
ドライフードなら100gで300~400キロカロリー
缶詰なら100gで100キロカロリー前後です。

肥満になり減量を必要とする犬のためのドッグフードのカロリーは
ドライフードなら100gで250~350キロカロリー
缶詰なら100gで100キロカロリー未満のものが多いです。
逆に、痩せすぎで太る必要のある犬や、病気で多くの栄養が必要となる犬のためのドッグフードのカロリーは、
ドライフードなら100gで400キロカロリーを超えるもの
缶詰なら100gで150~250キロカロリーのものが多いです。

それでは、犬のライフスタイルにあった最適カロリーとはどのくらいなのでしょうか。
それを決める指標として、以下のような犬の1日に必要なカロリーの計算式があります。
(体重×30+70)×係数=1日に必要なカロリー

犬のライフスタイルによって、数式中の係数が変わります。
健康な成犬は1.8、生後4ヶ月までの仔犬は3.0、生後4ヶ月から1歳までの仔犬は2.0です。
避妊・去勢手術をしている健康な成犬は1.6になります。
肥満傾向かつ中高齢期の避妊・去勢手術をしている犬は1.2です。
肥満傾向かつ中高齢期の避妊・去勢手術をしていない犬は1.4です。
減量が必要である犬は1.0になります。
このような係数を、数式に当てはめて計算すると、1日の必要なカロリーが算出されます。

例えば、3歳で5kgの避妊手術済みで肥満気味のチワワの場合、 (5×30+70)×1.2=264キロカロリー
1日に必要となるカロリーは264キロカロリーになります。
少し肥満気味なので、減量用のフードを使うのであれば1日100g程度になります。

肥満気味、痩せ気味などを判断する目安としてボディコンディションスコア(BCS)と呼ばれるものがあります。
これは、摂取カロリーの係数を確認する際に役立ちます。
BCSは見ためと感触で判定します。

BCS1…「痩せすぎ」で、肋骨、骨盤など骨が浮き出ており、触ると皮膚の下にすぐ骨がある状態です。

BCS2…「やや痩せすぎ」で、肋骨が浮き出ていて触ると脂肪が少なく感じる状態です。

BCS3…「理想体型」で、見た目では骨が浮き出ているようには見えず、触ると肋骨などの骨や腰のくびれが分かる状態です。

BCS4…「やや肥満」で、見た目で骨は見えず、肋骨がかろうじて触れる状態です。

BCS5…、肥満を表します。
見た目でくびれが無く、触っても脂肪が多く、骨が触ることができません。
ライフスタイルからの係数、BCSから犬の体型の目安を確認し、愛犬の最適カロリーの計算をする事で、毎日健康で長生きさせることができます。