危険なドッグフードを知ろう

いつも与えているドッグフードは安全ですか?

お腹の調子が良くない犬に与えるドッグフードとは

お腹の調子が良くない犬に与えるフードとしては、まずは消化の良いものを選ぶことが大切です。
お腹の調子が良くない症状とは、具台的には、慢性的な軟便や下痢、嘔吐、便秘などです。
このような症状が出てくるということは、消化吸収しづらい体質であったり、ストレスやアレルギーが原因だったり、良質でないフードが原因だったりします。
慢性的にお腹の調子が良くないのであれば、良質な原材料を使用したフードや動物病院で手に入るような消化器用のフードに変更するする必要があります。

良質な原材料を使ったフードは、消化吸収不良の原因となる、質の悪い原材料が使われていません。
犬は、もともとは肉食寄りの雑食で、穀物類の消化は苦手な体質です。
質の悪いフードの穀物類にはカサ増し用に穀物の絞りかすや皮なども含まれる場合もあり、さらなる消化不良の原因となります。
また、肉類も質の悪いものが使用されるため、それを誤魔化すために添加物が多く含まれています。
添加物はアレルギーの原因となり、その結果、消化吸収不良を起こしてしまう可能性があります。
このように、質の悪い原材料を使用しているフードを与えることは消化吸収不良につながります。
添加物の入っていない無添加フードや穀物類が入っていないもの、穀物類が入っていたとしても良質な穀物を使用しているフードに変更することをオススメします。
このような無添加フードや良質な原材料を使用したフードは、ペットショップやインターネットでも売られていますが、値段は高価です。
動物病院で処方される療法食にも、お腹の調子改善するものがあります。
慢性的な下痢や消化吸収不良、便秘などの症状に合わせた療法食が売られています。
まずは診察を受けてから獣医に処方してもらい、指示に従って犬に与えるようにしましょう。

療法食の特徴としては、消化器に対する負担や刺激が少なく、腸内バランスや腸管内の輸送を維持するために、可溶性食物繊維や不溶性食物繊維を含む消化性の高い原材料が使用されています。
可溶性食物繊維は水に溶ける食物繊維で、腸内環境を改善する働きがあります。
不溶性食物繊維は水には溶けませんが、腸内物のカサを増し、蠕動運動を促し、便秘を改善する働きがあります。
また、下痢が原因で体重が減少してしまっている場合に合わせて、カロリーや栄養を充分にバランス良く摂取できるようなフードや、脂肪の消化不良を起こし脂肪をあまり摂取しない方がいい場合に合わせたフード、便秘を改善するために食物繊維が多く含まれているフードなど、その症状に応じた様々なフードがあります。
また、アレルギーが原因でお腹の調子が悪い場合の療法食もあります。
アレルギーの原因となりにくい加水分解したタンパク質を使用したフードや、アミノ酸やオリゴペプチドで構成してあるフードや、特定のアレルギー原因を除去したフードなどのアレルギーの原因物質に合わせた様々な療法食があります。

このように、お腹の調子が良くない場合、市販されている良質なフードに変える方法と動物病院で処方される療法食に変える方法の二つがあります。
現在、安いフードを与えているのであれば、まずは市販の良質なフードに変更しましょう。
それでも効果が無いようであれば、動物病院で診察を受けて、療法食に変えることをおすすめします。