危険なドッグフードを知ろう

いつも与えているドッグフードは安全ですか?

無添加ドッグフード

身体に害となる添加物を使用しないフードを無添加ドッグフードと呼び、そのようなドッグフードを与えることの最大のメリットは、「飼い犬が病気になりにくくなること」です。
添加物が多く使用されたドッグフードを摂取し続けると、病気になる可能性が高まります。
添加物はアレルギーやアトピーなどの皮膚疾患や、内臓疾患、ガンになる原因の一つとされています。
このように体に害となる添加物を使用しないことは、これらの病気になるリスクを低減します。

その他のメリットとしては「安全で栄養価の高い原材料が使われていること」が挙げられます。
添加物を使用しないドッグフードですので、野菜は無農薬であり、動物性タンパク質も健康的な動物の肉を使用し良質です。
このような原材料は当然新鮮であり、素材本来の味が活かされています。
そのため、味が良く嗜好性があり、栄養価・栄養バランスが良いなどといった良い点があります。
身体にもたらす良い影響としては、便通が良くなり、毛並みが良くなるなどがあります。
このように、無添加フードは添加物を使わないことや原材料にもこだわっているため、品質管理が徹底されているドッグフードが多い傾向にあります。
原材料製造過程や原産地を明確に表示しているドッグフードも多く安心できます。

ドッグフードに含まれている添加物とは、主に酸化防止剤や合成着色料や保存料があります。
酸化防止剤は、もともと石油やガソリンの酸化を防ぐために作られた化学物質で、発がん性が確認されおり、アレルギーの原因となります。
基本的には、人用の食品への使用は禁止されているものも多いです。
合成着色料は、酸化防止剤と同じで、アレルギーの原因であることや発がん性があることが分かっています。
質の悪いドッグフードは、使用される原材料の色が悪く、そのごまかしのために合成着色料を使用しています。
保存料も同じく発ガン性が確認されているものがあります。
質の悪い原材料は、腐敗していたり、微生物が繁殖しやすかったりと、状態の悪いものが多いです。
保存料は腐敗や微生物の繁殖を抑制するために使用されます。
質の悪い原材料とは、腐敗の進んだ動物性タンパク質や栄養価が低く消化に悪い穀物、農薬が大量に使われている野菜などです。
このようなものに加えて添加物を摂取し続けると、当然病気となるでしょう。

無添加ドッグフードは、危険な添加物や悪質な原材料を使用せず、新鮮で安全な原材料が使用されています。
このような無添加ドッグフードを与えることは、飼い犬の病気の予防、健康維持の上で効果的です。
無添加で原材料にこだわられたプレミアムドッグフードもおすすめです。