危険なドッグフードを知ろう

いつも与えているドッグフードは安全ですか?

害を及ぼす危険な原材料を使っているドッグフードとは

犬の身体に害が及ぶ原材料を使っているフードはたくさんあります。
危険な原材料を使っているドッグフードを食べ続けると、病気になる可能性があります。
危険な原材料の代表的なものものとして、4Dミートや合成添加物や穀物が挙げられます。
これらの身体に害となる原材料は、パッケージから見分けがつくものとつかないものがあります。
基本的に安すぎるドッグフードは、危険な原材料が入っている確率が高いので、見分けがつかなければ、値段を基準に選ぶのも一つの手段です。

4Dミートとは、
Dead(死んだ動物の肉)
Dying(死にかけていた動物の肉)
Disabled(障害をもった動物の肉)
Diseased(病気の動物の肉)
の頭文字をとった大変質の悪い肉のことです。
この4Dミートは、人間用の食品基準では不合格となり、家畜用に回されます。
パッケージの記載も様々で、ミールやミート、パウダー、エキスといった、品質か分からなくなるほど細かく加工されている場合が多いです。
中には、肉以外の毛皮、糞尿、内臓も含んで加工されているものもあります。
病気の動物の肉も使用されているため、長期間薬を服用していた場合、薬の成分が肉に残存していることもあり危険です。
このような質の悪いものを原材料として使用したドッグフードを長期間食べ続けると、犬は体調不良を起こします。

合成添加物にも危険なものがあります。
代表的なものは、酸化防止剤、着色料、保存料です。
酸化防止剤は、石油の酸化を防ぐために作られたBHTという化学物質や、ガソリンの酸化を防ぐために作られたBHAや、ゴム固定剤として作られたエトキシキンなどの種類があります。
これらは、発がん性や変異原性、アレルギー反応が認められています。

着色料は、合成着色料と天然着色料がありますが、身体に害を及ぼすものは合成着色料です。
合成着色料は、「〇色〇号」といった色と数字で記載されています。
合成着色料の中には発がん性が認められている物やアレルギー反応を引き起こすものがあります。
また、着色料が多く使われているドッグフードは、品質を誤魔化す為の目的で使用される場合が多く、質の悪いドッグフードの可能性が高いです。
保存料は、ソルビン酸やパラオキシ安息香酸といったもので、発育不良や肝臓障害、発がん性が認められているものもあります。

穀物も種類によっては危険な原材料です。
犬は穀物の消化が苦手な動物です。
特にトウモロコシや大豆などの穀物は消化が難しく、消化管に負担がかかり、消化器疾患にかかってしまいますので注意が必要です。
加えて、これら穀物は実ではなく、他の部分が使われている場合もあります。
例えば、トウモロコシは芯や皮、ヒゲが、大豆は人間用に栄養を取った後のカスが使用されているものがあり、栄養価が無く、単なるかさましで使われることもあります。
このような穀物を多く含んでいるドッグフードを食べ続けると、お腹にガスがたまり鼓脹症になってしまい、最悪死に至る可能性もあります。

このように、危険な原材料を使ったフードはたくさんあります。
近年、愛犬家たちの間で添加物を使用しない無添加ドッグフード穀物不使用のドッグフードなどが注目されています。 パッケージの原材料や値段をしっかり確認し、安心できるフード選びを心がけましょう。
日本で暮らしている犬向けに作られたドッグフードもあるそうです。