危険なドッグフードを知ろう

いつも与えているドッグフードは安全ですか?

AAFCOとは

AAFCOとは、全米飼料検査官協会(Association of American Feed Control Officials)の略称で、ペットフードの栄養基準やラベル表示に関するガイドラインを設定している機関です。
ペットフードのパッケージに、「AAFCOの基準を満たしている」のような内容の表示があれば、そのペットフードは総合栄養食と名乗れる最低限の栄養基準は満たされている、ということを意味しています。
総合栄養食とは、ペットが必要とする栄養基準を満たしたフードで、毎日の主食として与えるフードになります。
AAFCOの読み方は「アフコ」や「アーフコ」です。
AAFCOの定める栄養基準は、アメリカにおける品質管理基準として設定されていますが、日本のペットフード公正取引協議会でも、このAAFCOの栄養基準を採用しています。

ここで注意しなければならない事は、AAFCOは栄養基準を決定する機関であって、検査機関ではないという事です。
実際に検査をしている訳ではないので、パッケージに「AAFCO認定」、「AAFCO承認」、「AAFCO合格」というような表示がある場合は、不当表示でありペットフードメーカーの品質管理を疑ったほうがよさそうです。
「AAFCOクリア」、「AAFCOを満たす」、「AAFCOに適合」というような表示であれば、給与試験を行った上で、栄養基準をクリアしているということになります。
ここでの給与試験とは、フードが生体に与える影響を実際に確認する試験のことです。
大きく分けて2通りあります。
1つ目は各ライフステージ別(成犬、シニアなど)で半年間与え続けて一定の栄養基準を満たせればいいものです。
もう1つは、メスにフードを与えて妊娠させます。
そのまま出産、授乳期、子供たちが1歳になるまで同じフードを与えるといった親子2代にわたる試験となります。
このような試験を行なっているので、「AAFCOクリア」の表示があれば安全なフードだと思われがちですが、実際は安全性を保障するものではないことも頭に入れておきましょう。
人工添加物などの有害な物質が入っていても栄養基準をクリアすれば、それは「AAFCOクリア」に間違いはないからです。
また、「AAFCOクリア」についての表示がない安いフードは、AAFCOの栄養基準をクリアできていないフードですので、要注意といえます。

AAFCO栄養基準とは

●ペットの食事で何が必要かを数値化(タンパク質、ミネラル、脂肪、タンパク質など)
●成長期・出産期と成犬期で異なる基準を設定
●栄養素に関するラベル表示の標準化

このような基準に基づいて、各フードメーカーが給与試験の実施や研究室での分析を行います。
この試験・分析をクリアすることで初めて、フードのパッケージに「AAFCOクリア」と表示できます。